失敗しない薄毛治療|メンズサポートクリニック【新宿院・横浜院】|AGA治療・薄毛治療・発毛治療

  1. HOME
  2. AGA薄毛ガイド
  3. 失敗しない薄毛治療

agaとは

最近、育毛サロンや育毛シャンプーなどの広告を目にする機会が非常に多くなってきました。
その結果、発毛新しく髪の毛が生えてくる事)と育毛生えている毛を維持する事)が混同してしまっている状況が多く見受けられるようになりました。ここでは医学的根拠に基づく専門クリニックでのAGA発毛治療と、その他の薄毛対策の違いを分かりやすく比較していきます。

新しく髪の毛を生やす「発毛効果」があるのは専門クリニックにおける医学的根拠に基づく発毛治療だけなのがわかります。
それ以外の方法については、既に生えている髪の維持を期待する育毛効果か、将来予想される抜け毛や薄毛の予防を期待するという効果が精一杯なのです。
抜け毛の進行を抑制し、新たな発毛効果を得るには、AGA専門クリニックにおける 内服薬外用薬の処方や発毛メソセラピーが必須となります。発毛に必須となる医薬成分は育毛剤やシャンプーには含有されておらず、 発毛サロンやヘアエステなどは医療機関ではないため「発毛効果」のある内服薬や外用薬を処方することはできません。
AGAによる薄毛は進行性のため、適切な対策を講じないと、薄毛は進行し続けます。植毛やカツラでは根本的な対策になりません抜け毛の進行を抑制し、新たな発毛効果を得るには、AGA専門クリニックでの治療が必要です。

AGA専門クリニック 【メンズサポートクリニック】

AGA治療においては原因を明確にして、症状に合わせた最適な治療を行う事が大切です。 治療にあたり、問診、触診、マイクロスコープ検査などを通して、薄毛の原因を診断、内服薬・外用薬・発毛メソセラピーとビタミン・ミネラル補助の総合バランスを考慮した、完全オーダーメイド処方で、お一人お一人に最適な治療法を行うことにより、薄毛でお悩みのすべての方に確かな発毛を実感していただくことができます。 薄毛治療は、豊富な知見と症例数、幅広い医療薬や最新医療器など…複合的な治療体制が整っているAGA専門クリニックがベストな選択です。

一般病院・処方専門病院

一般の病院の皮膚科や内科、お薬の処方だけを安価で行っているクリニックなどでもAGA治療を受けることはできますが、専門的ノウハウや症例数も少なく、詳細な診察や頭髪検査、血液検査なども行われず、一般的なAGA薬の単剤処方以外の複合的治療方法がありません。一般的なAGA薬の単剤処方だけでは、薄毛の進行を遅らせることは可能かもしれませんが、新たな発毛効果は期待できません。

育毛・発毛サロン

発毛サロンや育毛サロン、ヘアエステなどは医療機関ではありませんので、医学的な治療を行う事はできませんし、薄毛治療に有効なお薬の処方もできません。 行っていることは頭皮の血流改善による育毛効果を期待しての頭皮マッサージや、毛穴の皮脂詰りを改善したり育毛効果を期待してのシャンプーなどです。女性エステシャンの頭皮マッサージやヘッドスパの施術を受けても発毛効果は見込めません。

市販の育毛剤

クリニックで処方する外用薬は医薬品ですが、市販の育毛剤や発毛サロンなどで販売されている育毛剤は医薬部外品や化粧品であり、その効果には疑問があります。 市場には1000種類以上の育毛剤がありますが、そのほとんどが医学的根拠に乏しい商品で、市販の育毛剤により発毛効果が現れる可能性はかなり低いと考えられます。

育毛・薬用シャンプー

現在、市場には非常に多くの種類の「薬用」や「育毛」と呼ばれるシャンプーがありますが、その高価な値段設定や「薬用・育毛」といったお薬を連想させる言葉を用いることで、あたかも発毛効果があるように感じさせられてしまいますが、医学的にはシャンプーだけで抜け毛・薄毛が改善され、発毛効果が現れることはないと考えられます。

カツラ

カツラは広範囲の薄毛を手っ取り早く隠すには有効な手段ですが、初期費用も高く、消耗品のため2年に1回は買い換える必要があり、生涯コストは1000万円を超えてしまいます。また、カツラだと分かってしまう難点やカツラを被ることで、頭皮や毛根に悪影響を及ぼし残っている毛髪の抜け毛を進行させてしまうリスクもあります。

植毛

植毛はどのような薄毛治療を行っても効果が見込めない場合のみ、やむをえず選ぶ最終手段と言えます。後頭部付近の毛髪を頭頂部や前頭部に移植するわけですが、前髪と後髪では髪の太さも質感も違うので植毛だと分かってしまう難点や数百万という高額治療にもかかわらず、移植した毛髪が定着しないリスクもあります。